二匹になってますますドタバタな毎日です。


by kubotti00
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ちゃ~んと 解っているんだからね、 by のん。



もう 時効だと 思うので 白状しますが



ばーば 人間様のお付き合いもありまして

どうしても 帰宅が遅くなった日が 続きました。

どういう訳か その翌日 じーじも 遅かったのです。



まだ 玄関も開けっ放しにしていたのですが

ばーば 何気なしに 「今日は じーじが 遅いのね。」と

言った途端でした。

のんちゃん 軽々と 玄関にあるフェンスを 飛び越えて 表へ。


のんちゃんは 階段を駆け下り あっという間に 道路に

飛び出していました。

まるでその行動は 「私 外まで行って お迎えしてくる。」と

いうような機敏さでした。


いやぁ~ 心臓 バクバクです。

「のん カム。」と 言っても じーっと じーじが

帰って来る方を見ているのです。




もっと悪い事に フェンスを動かしたすきに 

だいも 玄関から 走りだして・・・・

だいの方が 脱走の経験があるので

もう先に だいを 家に入れなくてはと 

呼び戻すのですが まぁ こんな時って 

言う事きかないのですねぇ。

しょうがないので 袋 ガサガサと 煮干しを 家の中まで

蒔いて やっとこ 入れた頃

のんちゃん 諦めて 帰ってきたのです。



「てへ、お迎えに行ったけど 帰って来ないの。」ってね。

そんな照れくさそうな顔していました。

「のんちゃん 偉いねぇ、 お迎えしてくれて。」と 言いながら

玄関 はいったのですが

内心は もう ほ~、 しか ありません。


ばーば この時ばかりは 大反省しました。

だって のんちゃんは ちゃんと言葉を 理解しているのに

不用意な言葉を 出してしまった事に ね。








目の下に 白い毛が 少しずつ 目立ってきて

それだけ 大人になって来ている のんちゃんなんですねぇ。

f0186509_22484859.jpg





今日も 読んで頂いて 有難うございました。
by kubotti00 | 2011-10-03 23:01